結婚式にうってつけの日
ホーム > 糖尿病 > 糖尿病の足の合併症を防ぐ

糖尿病の足の合併症を防ぐ

合併症の中で足に発生する代表的なものは、血液の循環が悪くなり、体の神経が鈍くなる糖尿病神経障害というものです。

 

 

 

糖尿病神経障害になることで足に痺れ、通常には無い感覚がしたり、ほてり、ふくらはぎの痙攣といった症状に気付くようになります。

 

また、足の感覚は鈍くなることで、足の怪我をしやすくなったり、健康な時に比べて足がつりやすくなります。治療の手段の一つであるインスリン注射は膵臓が傷を負うことで、インスリンがきちんと分泌されなくなったため、体外から注入して血糖値のコントロールを目的としています。

 

 

ですが血糖が改善されることで、膵臓がインスリンを分泌しやすくなるので、注射の量や回数を減らしたり、のみ薬一本での治療が不可能であるとは言い切れません。

 

 

糖尿病の食事による治療では、朝、昼、晩の食事配分がとても重要になってきます。血糖値 下げる サプリ

 

1回の食事で大量に食べてしまうと、急に血糖値が高くなってしまいます。大抵の日本人の食生活は朝食は軽く、簡単に食べられるものが多い傾向です。

 

気持ち早めに起きて、3食の中で朝食は一番しっかりと食べることは糖尿病予防にもなります。

 

 

糖尿病は遺伝性があると周知されていますが、他にも理由があります。

 

後天的に今までの生活習慣で糖尿病を発症しやすいかを決定づけるということもあります。というのは、味の濃い食事が好きな人は、同じ分量でも普通の味付けよりも過剰なエネルギをとることになってしまいます。

 

このような毎日の食習慣が問題になります。初期の糖尿病は、自覚症状が乏しく明確な症状が体に出てこないのが特徴になります。多くの人は仕事やストレスの疲れによるものと思ってしまい、糖尿病が原因にあると気付けません。それで糖尿病の発見が遅れてしまい、合併症が徐々に進行し、状態が悪化して初めて気付くという人も少なくありません。